費用の相場

魚も

これまでの日本では、個人の部屋の片づけや清掃などは遺族が行っていましたが、高齢化や核家族化が進み、現在は遺品整理という仕事が注目されるようになりました。この傾向は今後ますます増えて行くとされています。 専門の資格を持った遺品整理業者が、遠方に住んでいたり忙しい家族に変わって、個人が所有していた物を処分してくれます。整理や処分だけでなく、価値のある物は買い取りも行ってくれますから、遺品整理業者の存在は大変に助かりますし、便利であるとして頼りにされています。 遺品整理に伴う料金は個人の持ち物により異なります。公共料金の停止やエアコンの取り外しなどの作業をする場合は若干費用もかさみますし、トラックで一度に不用品を運び出す場合は、基本料金のみの場合が多いですので、まずは平均的な見積もりを取るのも良いでしょう。

遺品整理のビジネスは、昔は家族が主体的に対応しニーズはほとんどありませんでした。近年は核家族化や熟年離婚が進み孤独死や遠方になることで親族の負担が高くなり、法律的な知見と合わせて片付けるサービスとして遺品整理のビジネスが多様化しています。 遺品整理の新しい形態として、生前整理があります。遠方の場合本人立会いの下、残すものと捨てるものを共有して実行に移します。また、福祉サービスとして介護施設の引越しの手伝いがあります。 基本的な遺品整理は、不要なものと必要なものを分別し、必要なものを遺族に返却すると同時に、相続税など正しいルールにのっとって引き渡しを行います。これによって、追徴課税の防止や複雑な手続きを代行してもらうことができます。